分煙ブースは基本的にどこでも設置が可能

分煙ブースは基本的にどこでも設置が可能

新たに建物に専用の場所を設けなければいけない、大掛かりな改装工事が必要となるようでは、スペースや予算面で悩みが出てきてしまいます。
しかし分煙ブースであればその心配はなく、理由は基本的にどこでも設置が可能だからです。
現在求められるのは分煙化、そのニーズにもきちんと応えることのできるタイプなら問題はありません。
どこでもというだけあって、時間と手間のかかる配線工事なども必要ないなら、導入をするにしてもハードルが下がります。
希望の場所にそうしたスペースを確保することで、しっかりとシャットアウトされるのがタバコの煙です。
喫煙者にとってはこの煙こそが至福のひと時、しかしタバコを吸わない人にとっては不快でしかありません。
両者の希望も叶えることができるのが分煙ブース、どこでも設置をすることができるので、最もベストな場所を選ぶことができます。
これまでとは違い簡単に喫煙室を設けることができますし、大掛かりな工事をする必要もありません。

喫煙者と嫌煙者の生活スタイルを守る分煙ブース

かつての日本では、喫煙は一般的でした。
仕事中にデスクで喫煙をするのは当たり前で、歩きタバコも問題視されていませんでした。
しかしタバコが健康に与える影響についてクローズアップされ始め、さらに喫煙をしない周囲の人々の健康も害する受動喫煙が問題視されると周囲の見る目は一気に変わります。
これまで許容されていた行動も許されなくなり、厳しい規則が設けられるようになったのです。
分煙ブースの設置もそうしたルールの一つで、オフィスなどでは指定された場所で喫煙すようになりました。
分煙ブース内でのタバコなら受動喫煙の被害を防ぐことができて、煙などの嫌な臭いを嗅ぐことはありません。
喫煙者と嫌煙者それぞれの生活スタイルに合わせられるので、オフィスや公共施設では分煙ブースの導入が進められています。
タバコには吸う権利と吸わない権利がそれぞれあり、どちらも守らなければいけません。
それぞれの権利を守り生活スタイル尊重するためにも、分煙ブースの設置は進められています。

著者:菅田輝夫

筆者プロフィール

愛知県名古屋市生まれ。
受動喫煙で起こる健康被害について研究を進める。
ネットで喫煙に関する記事を多数執筆中。