分煙ブースの導入したい!これさえ見れば迷うことはなくなる上手な選び方を紹介

分煙ブースは導入するところが増えてきていますが、健康面を考慮する時代の鏡のように受け取られる一面もあります。
ブース内を安全に清潔に保つことは必須条件で、上手に設置できると多くの人びとに喜ばれる傾向が高いのが特徴です。
ポイントは効能性に優れてコストもかかりにくい商品が選択できるとよりスムーズにビジネスを遂行できる可能性が高くなりますから、情報をしっかりと収集して選択する必要があります。
種類も豊富でコスト面でも安く便利な商品も多く販売されていますから、ネット等で比較検討できるとすばらしいです。

分煙ブースの導入したい!これさえ見れば迷うことはなくなる上手な選び方を紹介

分煙ブースを選択導入する際に注意するポイントとしては、機能性と耐久性を重視すると便利かもしれません。
もちろん分煙ブースは多くの人々が集まる場所ですから、デザイン性も重要ですが、まずは機能を充実させることが重要になってくる可能性が高いです。
まぜなら最近は特にウイルス対策が重要になってきている時代だからです。
分煙ブースを上手な選び方は今の時代に適応していて、なおかつ長く使用できる商品が良いかもしれません。

アミューズメントホールを快適にするなら分煙ブース

楽しいひと時を過ごせるアミューズメントホール、さらに快適な空間にするためには、分煙ブースを設けるのが得策です。
様々な人が集まり遊びを楽しむ場所であることから、タバコを吸いたいと考える人も少なくはありません。
ところが健康意識が高まる中で、一切タバコを吸わない人もいます。
どちらも大切なお客様であり、喫煙者も非喫煙者もアミューズメントを思う存分楽しむ権利がありますから、何か解決策が必要です。
そこで分煙ブースの存在であり、タバコを吸うことのできる場所を、一定個所に確保することで問題はスムーズに解消をします。
遊びに来た人がタバコを希望するときには、限られたスペースとなるブースへ移動をすればいいだけだからです。
喫煙者と非喫煙者はアミューズメントという空間を共有できますし、タバコを吸うときだけ特別なブースへ移ればいいだけなので、どちらにとっても好都合と言えます。
お互いを上手に尊重しあえるような、喫煙者にとっても快適な空間です。

狭い店舗はコンパクトな分煙ブースがおすすめ

全てのショップが広いスペースを確保しているわけではなく、小スペースで営業をするお店もあります。
広さは関係なく課題になるのがタバコのこと、余裕がないため喫煙はフリーというわけにもいきません。
狭い店舗であれば大きなお店と同じようにすることなく、コンパクトな分煙ブースがおすすめです。
はじめから小さ目の設計になっているため、室内がとても広くないと設置できないということはありません。
ある程度の余裕があればよいですし、店舗内の広さに合わせて分煙ブースを選べば問題はありません。
こうした専用の場所を設けることで、タバコを吸う人と吸わない人の問題は解消をします。
どちらのお客さんが訪れたとしても、タバコの煙などのことでトラブルになることはありません。
コンパクトであっても、タバコの吸えるブースを設けるのはとても大事なこと、他のお客さんの迷惑にならず、喫煙者は快適に喫煙をすることができます。
またタバコを吸わない人は、煙の影響を受ける心配もありません。

スタイリッシュな店舗はデザイン性が高い分煙ブースがぴったり

お店を選ぶとき料理だけでなく接客や雰囲気もお店選びの一つに入る事があります。
コンセプトにあう内装、食器、テーブルや椅子など、そのお店にとって大事なイメージが表現されています。
喫煙スペースと禁煙スペースが分かれている分煙ブースがありますが、その中でもスタイリッシュなお店には、 洗練されたデザイン性のある分煙ブースがあると、お店のイメージがぐっとあがります。
喫煙所が外にあるお店もまだまだありますので、喫煙スペースがどの様にデザインされているか、お店に入る前に調べておきたいものです。
お店のHPやグルメサイトなどで、お店の分煙ブースの写真があるとわかりやすいですね。
居酒屋やカフェバーなどお酒を飲んだ時にちょっと一服したいとき、喫煙所はどこかと探したら、これもまた良い雰囲気だったら、お酒もすすみます。
タバコを吹かしながら一人でウイスキーを飲むなんて、まるで映画のワンシーンみたいな雰囲気も、スタイリッシュなお店には必要ですよね。
そんなデザイン性のある分煙ブースで飲むお酒は何杯でもおかわりしそうです。

屋内用と屋外用の分煙ブースがある

分煙ブースには、大きく分けて屋内用と屋外用とがあります。
屋外用はさらに開放型と閉鎖型に分けられますが、分煙ブースと言った場合には基本的に閉鎖型のものを指すことになります。
屋内に設けるものは必然的に閉鎖型のみです。
それぞれに利点と欠点がありますが、屋外に設置する場合、そもそも設置する場所を確保することが必要になります。
敷地内に新しくブースを設けるわけですから当然ですが、通行する人などに影響を及ぼさないことが大事ですし、また屋内にいる人が利用する場合にはどうしても移動距離が長くなってしまうデメリットがあります。
雨の日など天候に左右されやすいことにも注意が必要かもしれません。
屋内の場合でも当然場所の確保は必要ですが、これは部屋の一角を仕切って設置するようなことができるというか、基本的にはその考えで設置することになります。
喫煙する利用者にとっては移動距離が短くて済むことが大きなメリットになるでしょう。

著者:菅田輝夫

筆者プロフィール

愛知県名古屋市生まれ。
受動喫煙で起こる健康被害について研究を進める。
ネットで喫煙に関する記事を多数執筆中。
分煙ブース